2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« タイミングベルト交換(ミラL500S) | トップページ | バッテリー »

2007年1月 4日 (木)

オートマ変速時滑り

車両は、ミツビシ リベロ・バン(CB2V)、走行距離 55000km オートマ変速時に一瞬滑りが見られます。とりあえずATF交換でようすをみます。以前にも書きましたが、ATF交換の原則は、めんどうですがオートマのオイルパンを外してしましょう。(もちろんオイルパン清掃です)ATFフィルターの交換も必ずしましょう。特になんらかの問題で出ている車両は、効果的です。また、オイルパンを外すことでATの痛み具合もある程度想像できます。(以前ゴルフⅢのAT不良のオイルパンを外したところソレノイドコネクターの破損が見つかり中古品のソレノイドと交換して完治しました、ちなみにユーザーがDラーに見積もりを出したところ¥50万円と言われたそうです。)この車両も試運転では、完治していました。

« タイミングベルト交換(ミラL500S) | トップページ | バッテリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オートマ変速時滑り:

« タイミングベルト交換(ミラL500S) | トップページ | バッテリー »